非常に興味深い「もてぷよ」現象

2009年11月8日 at 8:16 pm コメントをどうぞ

ここ最近の謎の背景が、徐々に分かって来た。
ずっと気になっていたのが、最近の若い子は足が太くなってきていること、しかも恥ずかしげもなく堂々と見せている、ということ。
これは、食生活の変化がもたらしたのか?「理想の体系は細身」という価値観に変化が出て来たのか?不思議で仕方なかった。

一週間ほど前に、知人から「そうそう、今はぽっちゃり系がモテるらしいよ」と聞いた。いや、ビックリ。
そして、昨日は新聞のテレビ番組ページで「NHK東京カワイイTV」の特集が「もてぷよ」であることを発見。20~40代女性を中心に、体系が太めでも可愛く見える「もてぷよ(もてるぷよぷよ)」が支持を集めているそうな。
この筋書きを見て、「これはアパレル業界が仕掛けた流行だな」と思った。

人口が減少していく日本で、新たな顧客層を発掘するには、今までおしゃれは出来ないと思い込んできた太めの女性をターゲットにすればいい、という流れは納得できるではないか。
番組を見てみると、「もてぷよ」という言葉を編み出したのは、講談社の女性雑誌「STORY」の編集長だった。しかも3年前から提唱しているそうだ。3年経ってようやく日の目を見たということか。考えてみれば、それまで表紙を飾っていた黒田知永子さんから、大柄な清原亜希さんに変わった頃からなのかも、と思ったりした。

40代女性は分かった、じゃあ、20代の若い子達の現象は何が背景なんだ?
と見ていたら、何と若い世代のファッションリーダーは森三中だというではないか。
そうかー、そういうことだったのかー。
今まで太め体系にはタブーだとされていた、パステルカラー、ボーダーやドット柄、ミニ、モコモコ素材を大胆に取り入れた森三中のスタイリストさんが背景にいた。

時代が変われば、価値観も変わる。そんな思いを新たにした。
私が高校生だった15年くらい前は、十分痩せているにも関わらず、体を酷使して無理なダイエットに走る女の子が普通にいた時代だ。彼女達が今の時代に生きていたら、人生変わっていたかも知れない、とも思う。
私自身、手足が短い上に下半身デブ、関節も太い、という残念な体系の持ち主なので、大学生になっても周りから笑われていたし、「世の中の女性は痩せている人が多いなあ。。。」といつも思ってきた。それが今や、町中で見かけるポッチャリ系女性の多いこと。。。

でもね、と思う。
体系に何らかのコンプレックスがあって、それを恥じらう姿も可愛さの一つなんじゃないの?と。
もし今、私が20代前後だったとしても、この流行には乗らないなあと思う。とてもじゃないけど、あそこまで自分の体系を露に出来ませんよ。

それから、番組中では「20代〜40代女性」と一括りにしていましたが、当然ながら20代と40代では服のスタイル、見せ方は全く異なります。
STORYの編集長が、「自分の体系を少しでも良くしようと努力しているんだけど、必死さが見えないところがいい」と言っていましたが、まさにそこ。
若い子達には、努力のかけらも見えないんだよなぁ。。。森三中なら、努力しなくてもいいんだけどね。(30代おばちゃんの一意見)

最も私の心に響いた編集長の言葉。
「努力がなくなったら、「ぷよ」ではなくで「ぶよ」になるんです」
濁音だけは避けたい、と思った次第。

Entry filed under: Uncategorized. Tags: .

[映画]ベンジャミン・バトン iPad発表と一言メモ

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2009年11月
« 10月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

My del.icio.us

Twitter アップデート

エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。

Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。