[Economist] All you need is cash

2009年1月1日 at 9:29 pm 1件のコメント

今日から2009年。
自分は今年が本厄年でもあり(思いっきり蛇足)、また、経済環境も明るい見通しが全く持てないという状況。
忘年会でも、気づくと話題は「景気がどうビジネスに影響しているか」という方向になり、何となく雰囲気も暗めに。。。

とはいえ、こんな時こそ、世の中がどう変化し、自分の仕事、生活にどう影響が及ぶのか、自ら考えていかなければいけないと思う。
ということで、新年最初の学習は Economist から。

Economist: All you need is money

1980年代から続いて来た企業経営の常識が、ここにきて変化しているという話。
今までは、身軽な企業が理想とされてきた。自社の強み以外はアウトソースし、ジャストインタイム供給をグローバルに行う、借入金によってレバレッジを効かす、古いコングロマリット経営は否定され、現金を内部留保する企業は懐疑の目で見られていた。

ところが今や、信用収縮によって資金調達が困難となった結果、とにかく現金を獲得するということが主眼に置かれている。
シリコンバレーにおいてすら、セコイアキャピタルが出資先に従業員カットや、すぐに収益が上がらないビジネスプランは縮小するように、という指示を出しているくらいだ。

———————————-
ここで思い出したのが、Business Week のアップルに関する記事。

BW: How to Spend Apple’s Cash.

現金が溜まる一方のアップルは、どのような使い道を考えているのか?と問いかけている。
記事の冒頭では、「2003年からアップルの株価は1,474%も上昇したし、株主としては文句がないけど、一つ文句を言うとしたら、溜まる一方の現金に手をつけていないこと」として、やはり内部留保をする企業は肯定的に見られていない。この記事は今から半年前のものだから、1年どころか、この半年の間に一般常識が変化したということが良く分かる。

今となっては、アップルはスティーブ・ジョブズの健康問題の話題で、現金の使い道どころの話ではなくなっていますが。

————————————
再びEconomistの記事に戻って。
現在の状況の変化を一言で表すと、”just in time” から “just in case” ということで、”タイムリーに”から”もしもの時のために” となるわけだが、ただやみくもに現金を捻り出す策に走ることには警鐘を鳴らしている。
企業が、支出を減らすことで、世界経済が失速することになり、個人はもちろんのこと、企業自身も打撃を受けることになるからだ。

勝ち組、負け組の分かれ道は、「どの費用を削減するか」ではなく、「どのように削減し、何を削減しないか」によって決まるだろう。
不況期こそ、新しいビジネスを始めるチャンスであるのは、大企業自ら、成長の機会を急速に逸していくからだ。オラクルやマイクロソフトも、不況期に生まれている。

この主張を読んで思い出したのが、The Wall Street Journal のクリステンセンのインタビュー記事だ。

WSJ: How Hard Times Can Drive Innovation

クリステンセンによると、イノベーションが失敗に至る要因の一つは、企業がイノベーションに大量の金額を費やすこと、だとしている。飛躍的なイノベーションは、切羽詰まった状況で、リソースが限られた中で生まれるのだ。
————————–

私など、不況期にオラクルやマイクロソフトが生まれた、という指摘と、不況期こそイノベーションが生まれるチャンスだ、という主張を読むだけでグッときてしまう。
第2のオラクル、マイクロソフト、アップル、をこの目で見られるかもしれないのだから。

となると、やはり気になるのはシリコンバレーの現状だ。
ちょっと長いので、メモ書きはまた後日に。

BW: Whatever Happened to Silicon Valley Innovation?

Entry filed under: Uncategorized. Tags: , , , .

[WSJ]アップルは、ジョブズなしでどうやって生き残るのか? ジョブズがいようがいまいがMacWorld!

1件のコメント Add your own

  • […] これは、もしかしたら、アップルにとって後付けに過ぎない理由かも知れなと邪推したりもするのですが、至極真っ当な主張に思います。 Economistの記事でも、「どのようにコスト削減し、何を削減しないか?」という主張が見られましたが、まさに当てはまる気がします。 この数百万ドルによって、貴重な社員の雇用が守られ、新たな製品開発研究費に回され、素晴らしい製品が世の中に出てくるのだとすれば、私たちにとっては嬉しいこと。 […]

    返信

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2009年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

My del.icio.us

Twitter アップデート

エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。

Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。