[本]佐藤可士和の超整理術

2008年11月24日 at 7:07 pm コメントをどうぞ

佐藤氏は、NHKの「プロフェッショナル/仕事の流儀」で感銘を受けた人の一人。
でも、ここまでメジャーになり、書籍まで出されると、食傷気味になってしまう私。

ところが、先日、たまたま地下鉄のフリーペーパーで彼の主張を読んでみたところ、一転して著書が読みたくなってしまったのでありました。
「彼の著書から大いに学べそうだ」という予感もありました。

まず、表紙を見ると、「超整理術」というタイトルの下に英語のサブタイトルが付されています。

“Ultimate Method for Reaching the Essential”

「整理術」を単純に英訳したものではない。
ここに、この本で彼が最も主張したいことが込められていると思います。
「整理とは、物事の本質にたどり着くための手段である」ということ。

私がこの書籍から抜き出したキーワードは以下のとおり。

空間の整理ープライオリティ
情報の整理ー俯瞰
思考の整理ー思考の言語化、他人事を自分事に

特に、「空間の整理」は、私にとって耳の痛い内容。
情報の整理や思考の整理をするためには、日常生活も含めた空間の整理が必須であること。

普段から、「これは本当に自分にとって必要か?」と真剣に問い、優先順位を付ける作業が欠落しているために、悩むべきでないことで悩んで時間を無駄にしたり、自分の空間が整理できていないのだ、ということを痛感しました。

普段の生活態度が仕事にも通じる。それくらいの緊張感を持って日常生活を送りたい、と気持ちを改めました。

それから、書籍の内容からは離れますが、アートとビジネスの関係は、ますます密接になっているような気がします。
それは、アートとサイエンスの世界がお互いに補完しあうという関係。どちらの世界に属していても、両方のセンスが求められているということ。
佐藤氏をはじめとするアートディレクターやプロダクトデザイナーが注目されているのも、このような背景があるからに違いありません。

IDEOPixarが、ハーバードビジネスレビューやウォールストリートジャーナルで取り上げられてきているのも、その現れでしょう。

どちらのセンスも、身に付けて行きたい、いや、身に付けなければいけない、のかも知れません。

Entry filed under: book. Tags: , .

[本]「博士の愛した数式」 iPhone 3Gの新CM

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2008年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

My del.icio.us

Twitter アップデート

エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。

Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。