[PILOT]文房具のイノベーション

2008年4月25日 at 5:28 pm コメントをどうぞ

私が観察していて面白いという会社は、やはりAppleやGoogleなのですが、最近気になっている会社は、パイロットという文房具の会社です。

早慶のボート部にとっては、パイロットは早慶レガッタのスポンサーであり、記念品はいつもパイロットの製品だったので、とても馴染みのある会社。
合宿所には、あちこちにパイロットの製品が転がっていました。

当時はあまり意識していませんでしたが、「何か惹かれる」ものを感じ始めたのは、この広告。

“万年筆は、メールやブログに賛成です”

親指を操り、一心に手紙を打つ中学生や高校生。そんな姿を、街で見かけるたびに、私たちは、ほほ笑みたくなるのです。時 にうれしそうな、時に真剣なその眼差しは、万年筆やペンを手にしている人の眼差しと同じだ、と。思いを言葉にすることを楽しんでいる人が、ここにもいる、 と。ほんの少し前、「活字離れ」が心配されていたこの国で、毎日、何通もメールという手紙を書き、ブログという日記を書く人が増えている。「この気持ち、 あの人に届くだろうか」「この考え、伝わるだろうか」迷いながら考えながら、言葉を選び、文章を綴る人たちがいる。筆記具という道具を90年つくり、書く 人たちの隣にいた者として、そのことが、ただうれしいのです。そして、あなたの言葉を、あなたの文字で、したためたくなった時。私たちのペンは、伝えよう と思います。その胸の内を、その体温を、言葉にできない大切な何かを。

目を引くキャッチコピーと、それに誘われるように読んでしまうこの文章。
この内容がこれまた素晴らしい。

それから、「お!これは面白い」と感じた商品がこちら

自分の好きなペンの色だけでなく、ボディーも選べる。
選び方は、57750通りですよ!!
↑自分で計算していない(笑)

引き続いて、今度はこちら
早慶レガッタのパンフレットと一緒に、この蛍光ペンセットが合宿所から届きました。

ただ単に消えるだけでなく、消しカスが出ないのです。
KBSの財務のテストの時、「シャープペンシルは使用不可」と言われて、これを皆で買いましたよね?
あの時、消しゴムで消しまくったような記憶が(^_^;)

最後にもう一つ。
パイロットとしては、初めてクレヨンを開発したとのこと。
新聞で読みましたが、実は絵手紙や塗り絵をする大人に人気のようです。

他のメーカーの製品は良く見ていないので、何とも言えませんが、こうした革新的製品を世の中に生み出すには、何らかの仕組みが組織の中にあるように思えてなりません。

Entry filed under: Uncategorized. Tags: , , .

[本]アップルとグーグル [本]アップルとグーグル(グーグル編)

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2008年4月
« 1月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

My del.icio.us

Twitter アップデート

  • iPhone6sを失くして、ちょうど3週間目に運良く返って来たけれど、失くしたお陰で学習に集中出来る環境が整いつつあったので、実は戸惑っている。 8 months ago
  • RT @takamasa_net: 女川町長のブログ『女川さいがいFM閉局にあたって』 最後の曲にサザンのTSUNAMI。 曲名がそうだから、と罪のない名曲まで被災させちゃいけない。 僕らが被災から立ち上がるなら、TSUNAMI もその拘束から放たれなければならない。 http… 8 months ago
  • 準備完了…。 instagram.com/p/_oW98Xu4Mr/ 11 months ago

Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。